小さい頃や学生時代には花粉症ではなかったのに、社会人になってから花粉症を発症する人って意外といます。何故いきなり花粉に対してアレルギー反応を示してしまうのでしょうか?突然花粉症にかかってしまう原因について解説します。

更新履歴

アレルギーが突然発症する原因として、例えば春先などに突然、大勢の人がかかる、有名な杉花粉などの場合には、今までかかったこと、症状が出たこともなかった人ですら、突然に症状が出るケースがあります。
この原因は何かというと、花粉に対して体には容量を蓄える力があり、それが限界を突破してしまった時に、突然にアレルギーが発症するケースなどがあります。
突然アレルギーが発生するため、何か他の病気ではないかと疑うほど、突然やってくる症状であるため、内科などを受診した際に風邪かと思っていたらそれは花粉症のアレルギーだったというケースがあります。

例えば学生までは何事もなく花粉症の症状もアレルギーもなく日々過ごしていた人が、突然花粉によりアレルギーを発症する場合には、上記のように体に蓄積された花粉の量が限界を超えてしまったためです。
突然に鼻がむずむずしたり、鼻水が止まらなくなったり、目がとてもかゆくて涙が零れる、くしゃみが何度も出てしまうなどの辛い症状が出てきてしまいます。
対策としては春先などの花粉が舞う季節にはしっかりとマスクなどを着けて、出来る限り外に出ないことです。
また、かゆみ止めなどをあらかじめ、皮膚科の先生などから処方をしてもらっておくことで、辛いアレルギーを乗り越えることができます。

この他に、アレルギーが突然発症するものとして、漆によるものであるケースがありますが、これはかぶれの一種であり、肌が弱い人の場合には、漆の植物に触っただけで、かなりのかゆみが出てしまうことがあります。

何かしらが原因でアレルギー症状が出たときには、抗アレルギー薬を使用するといいでしょう。
抗アレルギー薬はアレルギーによる炎症を抑える働きがあります。
これは抗アレルギー薬が、アレルギー反応の原因である、ヒスタミンなどの化学伝達物質が分泌されるのを抑えるからです。
これによって、アレルギー反応による、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、痒みなどのアレルギー症状を予防するのに用いられます。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧